忍者ブログ
ニコニコゲーム実況と絵を描くブログさ
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



RPGツクール4の顔グラ・歩行グラ共に最適なものがなかったと言わざるを得ない
■ジュリアン・ソード 18歳■

オルドール私兵部隊 王宮警護兵

 

 

 






生まれは、サウード王朝没後七年。

マグナス・オルドールを支持していた地方貴族の出身。

 

王家の秘密を守り、国民を守らねばならないという事情(PART38)があったとはいえ、エルガの父、トルファン・サウードの、「寄らば大樹の幹」ともとれる政策は、陸軍を取り仕切っていたマグナス・オルドールをはじめ、王国内タカ派の大きな反感を買った。

 

 

ジュリアンの父であったソード家当主もまた、トルファンの政策は国を売る事だと憤慨する愛国心に燃える熱血漢であり、

サウード王家が倒れた後、「他者に頼ることのない、より強い国を目指す!」という強気な姿勢と共に、軍事国家として再出発したオルドール王国の成立とほぼ同時期に生まれたジュリアンもまた、

父を尊敬しうる己の目標として、家名の「ソード」に相応しい真っ直ぐな勇気をもった少年に育った。


 

ただ、国民の歓声に沸いた新王国も、その勢いはそれほど長く続かず、

戦況は劣勢となり、遂には王国本土が戦場となり、遂には降伏した。

 

国内が戦場となった当時(物語開始3年前)15歳のジュリアンは戦場に行く事を望んだが、その願いは叶えらぬまま、戦争は王国の敗北で終結。


 

父親は戦死し、敗戦後の魔族支配により、ソード家は事実上、没落。

「最愛の人を亡くし、これから辱めを受けるならば」と、母親もジュリアンを残し自害した。

家族も領地も財産も失い、殆ど孤児になったところを、ハインツに拾われ、マグナスの元に迎えられた。



 

両親の思想の影響もあり、国内情勢を窮乏させる要因となったマグナス・オルドールの宣戦布告を責める気持ちは一切無く、

敗戦後も、魔族や帝国の外圧に屈しない姿勢をむしろ尊敬している。

 

マグナスからも、その揺ぎ無い忠誠心と、未完成ながらハインツが認めた武芸の才を買われ、17歳の若さにして、マグナス・オルドールの親衛部隊に配属されていた。


 

ラムセス・サウードによりマグナスが殺害された後、

当初は敵同士として出会った“逆賊”であるエルガ等、ネルーヴァの爪と共に戦うことに戸惑いを感じてはいたが、着実に革命へのコマを進めていくうちにエルガへの信頼を深め、また、これまで自身が抱いていた価値観とは全く異なる思想をもった仲間との交流の中で、勇者として人間として着実に歩みを進めている。

 

 

 

 

18歳の頃ってなんか考えてたか?

と振り返りますと、恐らくその頃が、男の子は一番義侠心に燃えてる頃じゃなかろうか。

 

高校生とかなら、「今は受験があるからそっちが優先」とか、ある程度の正当な言い訳を持った上で、親の庇護のもと、色々と世の不幸や理不尽に対する、

不正を憎む心を養っていけるわけですから、

 

無駄に一本のレールから脱線せずに走り続ける事だけが正しいと思うのが高ニ病だったりするのかも知れません。

(中二病との違いは行動力と実現の現実性とか?w)

 

 

別にそれが恥かしい事だとは思いませんし、揺ぎ無い真理や正義を希求する姿はステキだと思いますが、

多くの人は「ある程度はしょうがない」という結論に至りますよねぇ~。

(「諦める」事が大人になる事だとは思いませんが)

 

 

なんというか、自分がどうあるかはともかく、他人にまで自分の正義を押し付ける欲求が希薄になるというか、

人前で大仰に正義を語る事の本質が自分に酔ってるだけだわな、という考えに至って、「こりゃ正義じゃねえ」と思ったりだとか。

 

 

まあ、殆ど自分にあてはまるハナシなんですが

(徹夜で友人と語り合ったりしましたよw)

 

考えれば考えるほど、ヘタをすれば「正義感の押し売り」とか危ない方向に傾いたんじゃないかと思いますよ。我ながら(純粋にウザいヤツでしたねw)

 

大学に入って田舎から街に上がってきて、

「色んなヤツがいるな。色んなヤツがいていいよな」と感じたあたりから、段々と他人に対してあーだこーだ言わなくなったというかね。

 

 

まあ、長々とした導入部分ですが、

そんな少年十字軍みたいな危なっかしいお年頃の正義感をもったキャラクタがジュリアンです。

 

 

メイトリクスとの絡みが多いのは、

PART33のメイトリクスのエピソードに絡めて、ジュリアンが英雄になろうと燃える少年であるのに対し、メイトリクスが、その年代の頃に英雄になろうとしてなれなかった、やさぐれアラサー男だというキャラ付けからです。

育ちの悪い連中に囲まれ、どんどん悪い道に染まっていくという事ですねw

 

 

見た目に関しては

一応は良いトコ出の御坊ちゃんなんで、

昨年あたり冬のメンズアウターとしてなんか流行してたナポレオンジャケットとか、ちょっとウェービーなヘアスタイルだとか、貴族っぽい感じを出そうとデザインしてます。

 

名前のジュリアンもなんか貴族っぽいというか、

美形っぽいというか、個人的なニュアンスからのネーミングです()


 

そういえば、W・トレイターズの仲間キャラは全員、両親がいないという設定なんですよね(所在不明含め)

特にゲーム中に描いてはおりませんが、結構悲惨な連中ですな。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
BLACK
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1985/10/23
趣味:
シナリオ考案 イラスト 映画鑑賞&制作 造形 とか
自己紹介:
ニコニコ動画で自主映画とか実況プレイとかやってます。エンターテイメント表現とものづくりが好きです。メインは実況プレイについてになりそうですが、ニコニコ動画外での活動も紹介していくつもりです。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
フリーエリア
最新CM
[08/17 BLACK]
[08/04 double star]
[08/04 winter star]
[04/03 BLACK]
[03/24 double star]
バーコード
最新TB
(09/27)
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]